酒飲んだ次の日の怠さは脱水

うつ病

お酒飲んだ次の日体が怠いことありませんか?

僕はお酒が弱いため、大体お酒飲んだ次の日は怠いです。

本日も絶賛二日酔い中です。

眠気に怠さにお酒を飲んだことを後悔しております。

アセトアルデヒド

アルコールを分解するとアセトアルデヒドという物質に変化します。

これが二日酔いの症状の原因だと言われています。

水分をしっかり取ることで、尿や汗からアセトアルデヒドが体外に排出されます。

アルコール摂取により、脱水状態になっていると、

アセトアルデヒドが体外に排出されづらくなり、二日酔い症状が強く出てしまう可能性があります。

水分をしっかり、取るようにしましょう。

体調悪いやつは水を2リットル飲めよ
毎日2リットル飲もう必ず2リットル取れなくても2リットル飲むという意識が大切です。無理せず飲んでいきましょう。さて、水はなんで良いのか水というのは飲むと腸から吸収されて血液中に入り、腎臓で濾過されておしっこ...

この記事にも書いてあるのですが、

過度に飲みすぎると低ナトリウム血漿などのリスクもあり、

ジュースだと糖分の取り過ぎに繋がってしまう可能性があります。

過度に飲みすぎず、水を1時間に200㎖程度までを目安に水分を摂取しましょう。

そうすることで尿や汗からアセトアルデヒドが排出されます。

夏場は特にお酒を飲んでない日も水を飲もう

夏場は脱水のリスクが上がりますので、特に水分管理気をつけましょう。

気づかずに体外に水分が出てしまう

不感蒸泄

というものもあります。

体から水分が気づかずに蒸発してしまっている水分のことです。

汗や尿や便で出ていなくても不感蒸泄で、水分が体から出て行ってしまっていることがあります。

夏場は特に

そしてお酒を飲んだ時は

さらに意識して水分摂取していきましょう。

何が言いたいかというと

お酒飲んだ次の日は水分しっかり取ろう!

二日酔いの原因はアセトアルデヒド!

二日酔いは脱水症状みたいなもの!

足りない水分摂取をして、十分水分を取り、アセトアルデヒドを排出して、

二日酔いから回復しましょう!

お酒を飲んでない日でも、

夏場は特に、

気づかないうちに不感蒸泄で普段より多く水分が出て行ってしまっています。

意識して水分摂取していきましょう!

それでは皆さん楽しく、元気に生きていきましょう!

では!

タイトルとURLをコピーしました