睡眠は3大欲求のひとつ

うつ病
  1. 食欲
  2. 性欲
  3. 睡眠欲

これが人間の3大欲求です。

人間の生きて行く上で最重要の欲求ですね。

ここを満たさないと人間満足な生活は送れません。

寝れない夜

みなさんにも寝れない夜ありませんか?

経験したことない。

私は寝つきいいから。

このような方はそれだけでめちゃくちゃ幸せなことだと思ってください。

それは褒めるべき1つの素晴らしい能力です。

何か他に特技がなかろうと夜寝れる才能だけで明日の朝が幸せに迎えられます。

眠れないあなたへ

何か眠れないことの原因は思いつきますか?

  • 朝起きるのが遅かった
  • 日に当たってない
  • 運動してない
  • 日中活動してない
  • ストレスを抱えている
  • 不眠症

などなど理由は様々あります。

朝早く起きましょう、そのために早く寝ましょう。

朝日に当たると夜間メラトニンが出て眠くなる。

適度な疲労感を感じると眠くなる。

ストレスを感じると交感神経が刺激され、体が興奮状態になり覚醒してしまう。

ストレスを感じないようにしましょう。

これらのことを改善すれば不眠症が治る可能性があります。

そんなこと分かってるよ

けど改善するのが難しいんだよ!

これをすれば良くなるとは言われてもなかなか改善することは難しいですよね。

全部いきなりやらなくていいんです。

焦らず徐々にやっていきましょう。

原因は人それぞれ

自分に合った対処方法を検討していくことが大切です。

マニュアルの治療法はありますが、人間は人それぞれです。

全員がマニュアルの型にはまるかは分かりません。

自分に合った対処方法を探していきましょう。

朝起きれなかった、朝日に当たっていない。

このタイプの人はカーテン開けて寝ましょう。

全開じゃなくてもいいですから部屋に太陽の日が入ってくるように、部屋の間取りに合わせたカーテンの開け方を検討してください。

最初は起きれない日々も続くかもしれませんが、朝日に当たることで体内リズムが整えられます。

運動していない、日中活動していない。

このタイプの人は多少なり外に出るなり

部屋の中でランニングマシーンなどで運動するなりしましょう。

体は多少なり疲労感を与えないと睡眠しやすくはなりません。

ストレスを抱えている

適度なストレスは人間の成長には必要になります。

ハードルを超えればそれだけで自信に繋がるからですね。

ですが過度なストレスは体に刺激を与えすぎてしまい体が休まらなくなってしまいます。

こうなってくると緊張で汗が出てきたり、脈が速くなったり、動悸を感じたり、寝れなくなったりなどさまざまな症状がでてきたりします。

ストレスを感じないようにすることがとても大切になってきます。

平日は我慢して週末ストレス発散する。

ストレスが発散できないよりかは良いと思いますが、ストレスなんて5日溜めて2日で発散なんてできるものじゃないんです。

ストレスを受けると体の中でホルモンなどが作用しさまざまな生理作用が起きます。

これを5日間も繰り返して2日ストレスを受けなかったからって、体が元通りになる訳はないんです。

そのため日頃からストレスを受けない、溜めないようにしましょう。

不眠症

夜寝れない方は上記のことを良くすれば夜寝れるようになる可能性が増えます。

不眠症まで進行してしまうと睡眠薬を適切に使用し、睡眠リズムをつけるなどの対応も必要になってきます。

薬は必要なら飲んだほうがいいですが、必要以上には飲まないほうがいいものなので

なるべくは薬に頼らないよう自分でできる生活習慣などを整えて対応していきましょう。

それでも寝れない!

という方は睡眠薬なども検討が必要になると思います。

睡眠は3大欲求のひとつであり人間にとって最重要なものの1つです。

そのため、睡眠は絶対に取るようにしましょう。

睡眠法

ここまでは生活習慣を整える。

薬を飲むなどの対処法をお伝えしてきました。

そうではなくここからは寝る前の寝付きが良くなる方法をお伝えします。

体の力を抜く

  1. 顔をほぐす様に動かしながら徐々に顔の力を抜いていく
  2. 右腕、左腕の力を抜きながら上半身の力を抜いていく
  3. 右足、左足の力を抜いていき下半身の力を抜いていく

こうすることで体がほぐれ、リラックスすることができます。

体は緊張すると筋肉が張るようになっています。

そのため、意識的に力を抜いてあげることが大切になります。

呼吸法

  1. 4秒息を吸う
  2. 7秒息を止める
  3. 8秒で吐く

これを繰り返しましょう。

胸には肺があり、呼吸筋と言われる筋肉もあり、意識的にゆっくりな呼吸を行うことで自律神経が休息の副交感神経優位に整い、リラックスにつながります。

リラックスできるということは寝付きが良くなることに繋がります。

連想法

羊を数えていると眠くなると昔から言われていますよね。

あれと似たようなものなんですが

単語をひとつ決めます。

そしてその単語の頭文字から連想していきます。

例えばたまごだとします。

そしたらから始まる言葉を連想します。

タバコ

たらこ

台湾

台風

など頭文字がたなだけの言葉で全く関係性のない言葉をどんどん連想していきます。

全く関係ない言葉を考えていることで脳は今考え事しなくて良いんだと考え、ぼーっとする様になり、脳が眠りに入りやすい状態になります。

そしてた行が終わってしまったら次はで単語を探し、ま行も終わってしまったら最後はから始まる言葉を連想して行くという流れになります。

何が言いたいかというと

睡眠は大事!

3大欲求の1つであり、ここが整わないと生活自体整えることが難しくなります。

睡眠の質がとか寝る時間がとかも重要ですが、まずは寝るということが1番大切です。

寝ないと人間すぐおかしくなってしまいますから

睡眠はしっかり取りましょう。

睡眠を取るためには食事、運動など、その他生活習慣を整えることが大切になってきます。

睡眠をマスターすれば幸せに1歩近づくといっても過言じゃありません。

適度に動いて、美味しいもの食べて、夜寝る!

それでは皆さん健康に楽しく生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました