人生は刹那の連続

インフルエンザ

色々な本を読み

自分の人生について考え、取り入れて思ったこと。

人生は刹那の連続

その瞬間、瞬間が人生なんですね。

動画のように連続した一本線があるのでなく、

写真のように一瞬の点の繰り返しが人生なんだと思います。

その瞬間、瞬間を楽しまないと人生は楽しめない。

そう最近は思っています。

将来幸せになろうではなく、今の幸せの繰り返しが将来の幸せなんだと思います。

あとで楽するために苦労が必要。

これは間違いないかもしれません。

楽してたのしく生きる。

これは難しいかもしれません。

けど苦労も楽しむ。

あとで楽するための苦労なら楽しんで全力でやりましょう。

その瞬間の繰り返しが習慣になり、将来に繋がります。

全力で刹那を生きよう

やりたくないことは身にならない。

やりたくないことは頭に入りづらいし、やる気も出ませんよね。

どうせやるなら、やることに目的を与えてあげて全力で楽しんで取り組みましょう。

僕も准看護学校に入った時は全く勉強しなくて、学年最下位で卒業して、就職後に困ってしまった経験があります。

そして、看護学校に進学した時はまじで勉強しようと思って

私生活も学業も全力でやりました。

夜勤週3回(週6勤務)して学校に週5日通って、授業中も寝ずに勉強して課題も期日を守って提出する。

そして全国模試では全国上位2桁に入るくらい看護の勉強ができるようになりました。

刹那の繰り返しを頑張った結果がついてきたのかなと思います。

まぁ正直この時期は刹那の繰り返しとか意識してるほど余裕はなかったです。

けど全力で生きてみたらその後の人生が大きく変わりました。

全力で生きていたら好転した

辛い思いをしたおかげで、人に優しくなり、

自然と今の状況に感謝できるようになって

ありがとうを周りに伝えるようになりました。

それに反応するかのように周りの人間関係も良くなり、全てが好転し始めました。

そして今の状況に満足することができるようになりました。

足るを知る

まさにこの状況になりました。

全力で生きてみるまでは不平、不満ばかりを口にして、

家族や友人以外からは白い目で見られ、後ろ指を刺されるような生活をしていました。

職場では浮き、仕事もうまくいかず、この頃は精神的にも荒んでいたし、病んでいました。

けど今では毎日が楽しいし、周りに感謝ばかりだし、自分の生活満足度も人生でMAXなくらいの生活が送れるようになりました。

人との出会い、人間関係

一期一会

こんな言葉がありますが、人生は本当に人との繋がりや関わりが幸せに大きく関わっているなと思います。

幸せの感じ方には種類がある

人との関わりはオキシトシン的な幸福と言われます。

オキシトシン的な幸福は効果が長く感じられると言われています。

社会的な成功、賞賛の目を向けられるような幸せはドーパミン的幸福と言います。

食べ物に例えるとわかるかと思うんですが

これめちゃうま!ってなっても幸福感て長続きしませんよね。

何回も食べてれば飽きてしまいますし。

このドーパミン的幸福は幸福度を感じる期間が短いと言われています。

セロトニン的幸福とは綺麗な景色などを見て幸せを感じることです。

こちらも幸福度を感じる期間は長いとされています。

例えば仕事でめちゃくちゃ成功して毎日良いもの食べて、良いもの飲んで、良い女連れていても

この幸せは長続きしないんですねもっと良いものが欲しくなりますし、

幸福を感じる期間が元々短いものなんです。

ドーパミンていうのは興奮する時に出るホルモンなんですが、出てる量になれてしまうため、より刺激的でないと幸福度を感じれなくなってしまうんです。

仕事がうまくいったから景色の綺麗なゆっくりできるところで、美味しいものを気の許せる家族や仲間と食べる。

ドーパミン的な幸福に、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福を混ぜると

ドーパミン的幸福の幸せを感じる期間が長くなるそうです。

人間1人ではなかなか幸せになれないっていうことですね。

中には幸せな方もいるかもしれませんが・・・

何が言いたいかというと

必要なのは友達の数じゃないけど

人との繋がりは必要になるのかなと思います。

心から話せる人が1人でもいるだけでいいんです。

人との繋がりが人間を大きく成長させ、長く幸せにしてくれます。

僕はつまらなかった日々から抜け出して

日々細々とですが、楽しくて生きています。

それではみなさん楽しく、元気に生きていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました