コーヒーのある生活

パニック障害

こんにちは、皆さんはコーヒーはお好きですか?

筆者は1日3杯は飲むくらいコーヒーは好きですね、パニック障害の方でコーヒーのカフェインがダメという方もいるかと思いますが筆者は大丈夫な方ですね。

この先水とお茶とコーヒーしか飲めないって選択肢があればコーヒーを選ぶかもしれません。笑

飲んでて実際に感じているメリットとデメリットを紹介したいと思います。

コーヒーのメリット

メリットはまずコーヒーにはカフェインの含有量が多く利尿作用があります。もしかしたらデメリットであるのかもしれないですが利尿作用のおかげで飲み過ぎた日でもコーヒーを飲めば浮腫まずに済んでます。

2つ目はこれは筆者だけかもしれませんがコーヒー飲むようになってから比較的便通が良くなったように感じますね。

3つ目は朝にコーヒーを飲むと目覚めが良いです、スッキリする感じですね。習慣になっているからかもしれませんが。笑

4つ目は甘い物と一緒にコーヒーを飲むと血糖値の上昇を抑えられるといいます。また脂肪の燃焼効果もあり運動前に飲むと良いとのことで筆者も取り入れています。

後は消化の促進という面もありますが胃液が増え過ぎて食道炎などの人にはあまり良くないということもあり、人によりけりってところですね。

ぱっとあげるとこれくらいですがまだまだあると思うので気になる方は調べてみて下さい。

デメリット

これはたまにありますが飲む時間が遅いと寝入りが悪くなる時がありますね。なので飲む時間を考えて夜は夕食後くらいまでにしています。

2つ目は上でも書きましたが胃潰瘍や逆流性食道炎などの方は控えた方が良いということですね。胃液が増え過ぎると胃や食道への負担が増えます。

3つ目はコーヒーに含まれる成分のタンニンが鉄分の吸収を妨げるということで貧血の方などは飲むタイミングに気をつけて飲むようにして下さい。

あとは妊婦の方などはカフェインの摂取はダメなのでノンカフェインの物を飲むようにしましょう。

スペシャリティコーヒー

スペシャリティコーヒーという言葉を聞いたことがありますか?

お肉で言うA5ランクみたいにコーヒー豆も基準がありスペシャリティコーヒーと認定される最高グレードの豆は流通している豆の5%程と言われています。

筆者もたまに飲みますが風味と後味などのバランスが良く特に浅煎りの豆などはフルーツのような後味がして最初に飲んだ時はこれがコーヒー?って感想でした。笑

でも続けて飲んでいるうちに今ではすっかり虜ですね。普段飲みは少しコスパの良い豆を使用していますが休みの前などほっとしたい時などはスペシャリティの豆を淹れて飲んでいます。

文だと中々味や風味などは伝わらないですよね、実際に飲んで体験して頂きたいですね。

扱っているお店は中々近くになかったりすると店頭で飲むのが難しかったりしますよね。筆者も販売しているところがちょっと離れた所にあるため出かけた時などに買うようにしています。また通信販売などでネットで購入しますね。

豆の種類もエチオピアやタンザニア、ブラジルやケニアなど色々あるのでお気に入りの豆が見つかるといいですね。

ネットで購入ですと参考までに下のMustache coffee roasterさんという千葉県で自家焙煎、販売をしており焙煎前に豆を洗ってから焙煎するなど他のお店とは違う方法をとっているそうです。下のリンクからサイトが閲覧できますので興味がある方は是非閲覧して見てください。コーヒー豆やその他コラボ商品なども購入出来ます。スペシャリティコーヒーを一緒に楽しみましょう。

(Mustache coffee roaster)

※この上にある(Mustache coffee roaster)がMustache coffee roasterさんへのリンクです。

タイトルとURLをコピーしました