コンビニ弁当は美味い

うつ病

久々にコンビニ弁当を食べました。

幕の内弁当

牛カルビ弁当

二郎風ラーメン

などなど普段はコンビニ弁当は食べないのですが、たまに贅沢しようと思う日に食べたりします。

コンビニ弁当が贅沢品な生活を送っている自分が少しかわいそうですが・・・笑

たまにコンビニ弁当を食べるとすごく美味しいんですね。

久々に食べて思ったこと

美味い!

そして僕はこれを食べて幸せな気分になりました。

たまにはコンビニ弁当良いな!

美味しいな!

なんて思いながら食べていましたが

世の中にはコンビニ弁当は不味い!

と言う方もいる訳です。

結局コンビニ弁当の存在自体は変わらない訳ですが、食べる人によって感想は大きく違うわけですね。

コンビニ弁当を通してですが、物事の感じ方は人それぞれだなと思いました。

そしてある人の言葉を思い出しました。

物事に意味なんてない、あなたがどのように感じ意味付けをするかだ。

何事にも意味なんてないんですね。

例えば注意されたとして

ありがとうございます、間違えたところを指摘してもらえたおかげで成長できました。

という感じ方もすれば

なんなん?こいつ。気分悪いな。

って感じる時もある訳です。

これは結局自分が注意されたという物事に対してどう意味付けをしたかという話しなんです。

結局感じ方次第で自分はポジティブにもなるしネガティブにもなる訳です。

だからポジティブに受け取ろう!

という話ではなく、小話的にそんな考え方もあるんだくらいに覚えておいていただけたら幸いです。

コンビニ弁当を通して良い気づきができたと言うお話しでした。

もうひとつ思ったこと

体に悪い!

栄養バランス的には脂質と炭水化物に大きく偏っているものが多いため、これを食べてたら太るなと思いました。

時間がないからコンビニでご飯を済ませる。

何年もそのライフスタイルで生活する。

30代半ばから40代にかけて生活習慣病になる。

これは申し訳ないですが自然な流れです。

コンビニでもお金をかければタンパク質を多く取る食事ができます。

でもそこまでしてタンパク質メインに食事をする人は多くないと思います。

何のために働くのか、自分の体について考えているのか。

いま一度自分のライフスタイルを見直していただけたらと思います。

自分の体を自動車に例えた人がいます。

生涯この車しか乗れないとしたら人は大切に乗るのに、人は人生で変えることのできない自分の体のことは疎かにする。

これ頭が痛いほど刺さりますね。

だって健康を気にすることとか面倒くさいんですもん。

けどこの言葉の通り自分の体は乗り変えることができません。

大切にしてあげましょう。

なにが言いたいのかというと

コンビニ弁当は美味い!

けど体にあまり良くない!

コンビニ弁当美味いと思う人もいれば不味いと思う人もいる。

物事は自分の感じ方次第。

そして自分の体は大切にしてあげましょう。

それでは皆さん楽しく元気に生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました