おもしろき世を面白く

うつ病

やりたくない仕事

やめませんか?

僕も仕事についてはかなり悩みました。

僕は15歳から働き始めました。

当初は建築関係の仕事です。

職人さんの手伝いみたいな感じで働いていましたが

僕には務まりませんでした。

半年くらいで辞めて鉄筋屋さん、塗装屋さん、鳶職などの仕事をしました。

うーん、合わなかったです。笑

そもそも早起きが苦手なので朝早いのが無理でした。

次の仕事は新聞配達ですね。

これは1年半くらい続きましたね。

朝刊、夕刊の配達を行っていました。

新聞配達は将来ずっとこの生活で良いのかな、正社員で働いたほうが良いんじゃないのかな。

こんな感じで辞めました。

そしてその後は介護業界です。

介護業界から入って准看護師、看護師と資格を取得しまして、今現在も医療業界で働いています。

この業界が1番長く働けてもう10年くらいになります。

けどこの業界内でも転職はちょくちょくしていました。

正社員で勤務。

お金もっと欲しい。

ダブルワーク。

疲れすぎてまともに働けなくなる。

そして給料が悪いだ、福利厚生が良くないだ不平不満ばかり漏らし、

なんか看護師って仕事が嫌いな気がする。

何で俺が看護なんかしなきゃいけねーんだよ。

めんどくさ。ナースコール鳴らすなよ。

当時は何でお前看護師になったん?っていう看護師でした。

違う診療科なら楽しいかもとか思って転職などしましたが、どこに行っても面白くなく、お金ばかり気にしていました。

結局自分次第

もちろん人によっては環境が最低な職場もあるでしょう。

ですが、僕の場合は自分の感じ方が悪かったです。

仕事も対してしないで不満ばかり言う。

そして仕事へのやりがいがなくなる。

患者さんに対して、よこしまな態度を取るようになる。

患者さんからも好かれない。

余計にやりがいがなくなる。

みたいな負の無限ループでした。

この時期は仕事も楽しくないし、プライベートも空元気みたいな感じでした。

ここが僕の負の人生でした。

悩みばかり、これが数年間続いて悩み続けました。

良い職場に出会えたからということもあるのですが、

職員の人たちがすごく良くしてくれて、

少し恩返ししたいなみたいな気持ちになることができたんです。

僕が今楽しく生きてられるのは、今の職場の優しい人たちのお陰です。

感謝の気持ちが増えてくると、職場の職員に恩返ししよう。

職場の患者さんにもどうせなら良い対応をしよう。

良い対応をし始めたら職場でも認めてくれる人が増えて、多少のわがままも聞いてもらえるようになり、

さらに、自分の恩返しの気持ちも強くなりました。

だけど自分の人生

恩返しと言っても無理のない範囲でです。

自分の人生ですから、自分に無理なく良い働きをすることが職場や患者さんへの長く続ける恩返しです。

無理して恩返したら、途中で嫌になって続かなくなってしまいます。

自分も無理なく感謝して働く。

嫌なことをしていないから患者さんにも良い対応ができる。

職場も長いこと働いてくれてありがたい。

win-winな関係じゃないと長くは続きません。

なにが言いたいかというと

嫌な仕事は続かない

結局やりたくないことなんて続かないんです。

つまらないことしてればつまらない。

おもしろき世を面白く

高杉晋作さんの詠んだ句とのことです。

面白くない世の中を面白くするのは自分次第。

楽しいことをすれば良いんです。

責任果たせばなにを好き勝手しても自分の人生なんです。

楽しいことをしましょう。

人生は刹那の繰り返しです。

楽しんで生きてれば、将来は楽しいんです。

つまらなく生きてればそりゃつまらないんです。

今の一瞬を楽しく生きるためにもやりたくない仕事なんてやめましょう。

皆さん楽しんで生きていきましょうよ!

それでは皆さん、楽しく、元気に生きていきましょう!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました